安心問答(浄土真宗の信心について)

浄土真宗の信心についての問答

問答

「私は今まで「雑行雑修自力の心をふりすてて」はある程度までは自力の作業だと思っておりました。」(猿松さんのコメントより)

猿松 2018/12/03 14:03 (略) 私は今まで「雑行雑修自力の心をふりすてて」はある程度までは自力の作業だと思っておりました。 つまり「九十五種の邪道を出でて」「聖道門を閣きて」「雑行を抛てて」「助業を傍らにして」と、段階を経て先鋭化していって「…

「ほとんどの人が一生救われないのではないですか?」(タロウさんのコメントより)

ネットラジオ版安心問答#012阿弥陀仏に早く救われる人と時間がかかる人と何が違うのですか?を更新しました。 - 安心問答(浄土真宗の信心について) について、タロウさんよりコメントを頂きました。有り難うございました。 タロウ 2018/11/01 00:31ラジオ拝…

「私が死んで浄土に参ったのちはすぐに戻ってくるからな」とか「阿弥陀様、どうかあの人達に仏縁を」とかなどそのようなことを思いながら念仏するのですがこれは正しいのでしょうか。(退会二年目さん、酔っぱらいさんののコメントより)

退会二年目 2013/09/10 03:13 (略) 私は信心決定したのですが私の周りの人は信心決定していないどころか仏教を全く知らない人達ばかりです。どうにかお伝えしたいのですが親鸞会に在籍していた頃の失敗を思い出しなかなかお伝えすることができません。そん…

「無疑心がハッキリする、しないということではないならば、それは自覚されないということでしょうか。」(マヤさんのコメントより)

「無疑心=ハッキリする」の言い方について考える - 安心問答(浄土真宗の信心について)についてコメントをマヤさんより頂きました。有り難うございました。 マヤ 2012/12/28 06:25 無疑心がハッキリする、しないということではないならば、それは自覚され…

「私のように自力念仏しか称えられない者は果遂の誓いに帰することが出来なければ18願に入り信心決定出来ないのでしょうか。」(頂いた質問)

親鸞聖人の和讃に「定散自力の称名は果遂のちかいに帰してこそおしえざれども自然に真如の門に転入する」とありますが、果遂の誓いに帰してこそとは、どういう意味なのでしょうか。私のように自力念仏しか称えられない者は果遂の誓いに帰することが出来なけ…

「私が本願を知って、本願に誓われてある通りになろうともしないで、本願の通りになる、ことなどあるのでしょうか?」(りきいしさんのコメントからの問答)

りきいし 2012/10/06 02:33 私が本願を知って、本願に誓われてある通りになろうともしないで、本願の通りになる、ことなどあるのでしょうか? yamamoya 2012/10/06 04:53 りきいしさん本願を知らずに本願通りになるということはありません。しかし、本願を聞…

「一心正念でないのに念仏称えることは、一心正念になろうと努めていることにはならないのですか?」(りきいしさんのコメントより)

りきいし 2012/10/05 02:43 そういう本願を、一心正念でない者に呼びかければ「一心正念になろう」と努める心を生じさせるところに、阿弥陀仏の狙いがあるのではないでしょうか? http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20121004/1349341394#c1349372589 yamamoya …

考えてみると阿弥陀仏の本願は「信楽の心を得た人を必ず往生させる」「本願を信じて念仏する者を必ず往生させる」であり「今、必ず信楽の心にしてみせるという本願」でないのではないでしょうか。(アドウチさんのコメント)

アドウチ 2012/10/04 09:49 質問があります。宮田さんはいつも、阿弥陀仏の本願は今必ず私を救い取る本願であると言われています。でも考えてみると阿弥陀仏の本願は「信楽の心を得た人を必ず往生させる」 「本願を信じて念仏する者を必ず往生させる」であり…

「すべて他力なので、私が「聞く」という「行為」も本来は必要としないのです」についてのコメントと追記

「南無阿弥陀仏を聞くのは誰でしょうか?」(ぱるるさんのコメント) - 安心問答(浄土真宗の信心について)のコメント欄から、抜粋したものと、それに関連して追記したものをエントリーします。 こむら 2012/09/25 17:15 yamamoyamaさんへ>すべて他力なの…

「南無阿弥陀仏を聞くのは誰でしょうか?」(ぱるるさんのコメント)

ぱるる 2012/09/24 12:13 南無阿弥陀仏を聞くのは誰でしょうか。 「わたし」は聞くことができません。 何故なら「わたし」が聞こうとする時点で自力になってしまうからです。 聞くことが(出来る・出来ない)と思うのは私の側の考えで、阿弥陀仏の仰せはただ…

「助からなくて当然」は間違いです。(頂いた質問)

「本願を聞いて疑い無い」のが信心だと聞きますが、本願を聞いた上での疑いというのがよくわかりません。この疑いが晴れなければ救われないとすれば、疑いを感じていない私は救われないように思います。(頂いた質問) 阿弥陀仏の本願は、「お前をただ今救う…

「信心決定にとって要る心と要らない心をわかり易く教えて下さい。」(がくとさんのコメント)

がくと 2012/09/07 03:04 「必ず助かると思え」「のような考えで法を聞くべきではない」と仰っていますが、 助かるには私の側の思い、言葉を変えると「信じる心」が必要ということと理解しますが、 片や「私の側で添えるものは何もない」ともよく仰っていま…

「阿弥陀仏の本願が、今自分に働きかけて下さっていることを、いつもどう偲ばせていただけばいいのでしょうか。」(香取さんのコメント)

香取 2012/09/02 03:30 質問させていただきます。阿弥陀仏の本願に救われたいと思い、念仏をとなえたり、仏教の本を拝読したりしています。しかし、自分の思いや理解を深めることに一生懸命でないかと最近思われてきます。方向が逆になっているのかも知れま…

「因果の道理を学ばなければ救われませんか?」(頂いた質問)

因果の道理は仏教の根幹である」と聞かされてきました。仏教の根幹というくらいですから、これを知らなければ何も始まらないように思います。因果の道理を学ばなければ救われないのでしょうか?(頂いた質問) 阿弥陀仏の救いに、「まず因果の道理を知らねば…

本願と信心の沙汰について(アドウチさんのコメント)

アドウチ 2012/08/25 02:31 本願は、私の心の状態に関係なく救って下さると聞いていますが、その反面 信心の沙汰 をして自分の心をありのままに打ち出すことが大事だとも聞いております。 この前者と後者の違いをどう解釈すればいいのでしょうか。 http://d.…

「計らうのは自力、その計らいを捨てることも阿弥陀仏の働きなら、救われた人とそうでない人の違いは何のでしょうか。」(bsfさんのコメント)

bsf 2012/08/24 19:10 阿弥陀仏の呼び声を聞こうと何かしようとするとすべて自力。 かと言って何もしなければ、ほんとに何もしてないだけ。 というよりも、救われるために何もしようとしないのもやっぱり自力。自分の計らいをすてて、そのまま聞くだけという…

「十刧安心との違いを説明していただけませんか。」(田中屋さんのコメントより)

田中屋 2012/08/22 20:01 十刧安心との違いを説明していただけませんか。 よろしくお願いします。 http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20120822/1345627431#c1345633265 十劫安心とは何かについて最初に書きます。御文章に十劫安心について以下のように書かれて…

どうしたら信心決定できるかと考えるのはよくないと聞きますがなぜでしょうか?(頂いた質問)

どうしたら信心決定できるかと考えるのはよくないと聞きますがなぜでしょうか?悩んでこその聞法求道ではないでしょうか?(頂いた質問) どうしたら、どうしたらと心配したり悩んだりすることは決してよいことではありません。 お尋ねの文章から理由を二つ…

ただ今救うの仰せを聞いて疑い無いのが信心と聞きましたが、そのように聞いているつもりですがこれでよいのでしょうか?(頂いた質問)

ただ今救うの仰せを聞いて疑い無いのが信心と聞きましたが、そのように聞いているつもりですがこれでよいのでしょうか?(頂いた質問) 信心の定義は、本願を聞いて疑い無いことですが、そのように聞いているつもりだから大丈夫だろうと、自分の聞き方に目を…

「いろいろとお話を聞いて、これで信心決定なのかと思いますがどうでしょうか?」(頂いた質問)

いろいろとお話を聞いて、これで信心決定なのかと思いますがどうでしょうか?(頂いた質問) 私に信心決定しているか否かを尋ねられても、私にはわかりません。逆に、私が「それが信心ですよ」と認定すれば、土蔵秘事・知識帰命と同じになってしまいます。加…

疑情とはなにか2

GTO 2012/07/31 23:38 yamamoya さんご説明が全く理解できない訳ではないのですが、結局のところ疑情と煩悩は同じものなのでしょうか? それとも異なるものなのでしょうか?疑情=煩悩と初めに説明されたこととの論理矛盾が未だ解消されていないように受け取…

疑情とは何なのか?(ティーちゃんのコメントより)

ティーちゃん 2012/07/25 22:47 計らいとは、疑蓋、疑情と理解したらいいです。 何とも突き放されたようなお答えですが、私には理解が難しいからと思い遣られてのことでしょうか。 だとすれば単に「計らいは疑情である」と言うだけでは表せない難しい何かが…

信と疑の関係について「計らいとは疑蓋=疑情である、との理解でよろしいのですか?」(ティーちゃんさんのコメントより)

ティーちゃん 2012/07/24 05:44 (略) 計らいは「全く邪魔になる」と明解なお答えです。 煩悩は信楽の邪魔にならないことからすると、計らいは煩悩ではないことになります。 つまり、計らいとは疑蓋=疑情である、との理解でよろしいのですか? http://d.hat…

「本願をそのまま聞く」ために「私の計らいを差し挟まない」ことを勧められたように受け取めました。計らいは真実信にとって邪魔ですか。また段々計らわなくなれるのでしょうか。(ティーちゃんさんのコメントより)

追記:無根の信について…「阿弥陀仏はただ今救うといわれていますが、私はただ今救われようという気持ちがなかなか起きません」(頂いた質問) - 安心問答(浄土真宗の信心について)のコメント欄が長くなったので、コメント欄をエントリーにまとめて、あら…

「阿弥陀仏はただ今救うといわれていますが、私はただ今救われようという気持ちがなかなか起きません」(頂いた質問)

阿弥陀仏はただ今救うといわれていますが、私はただ今救われようという気持ちがなかなか起きません(頂いた質問) 阿弥陀仏はただ今救うとつねに呼びかけられています。しかし、「いつかは助けて下されるだろう」と、「待っている」のは阿弥陀仏の本願を聞い…

「阿弥陀仏の召喚の勅命をハイと受け入れた時が信心だと聞いておりましたが

信の一念は凡夫には自覚できないとも聞いています。ではハイと聞いたのは いつの時点になるのでしょうか。」(トカゲさんのコメントより) トカゲ 2012/07/07 16:23 阿弥陀仏の召喚の勅命をハイと受け入れた時が信心だと聞いておりましたが 信の一念は凡夫に…

スッキリハッキリするのが信心だと思っていましたが、違うのでしょうか?(頂いた質問)

スッキリハッキリするのが信心だと思っていましたが、違うのでしょうか?(頂いた質問) 同様な趣旨で「蓋有る水に月は宿らずといわれるから、疑いの蓋が取れたらきれいな月が見えるのでしょうか?」と質問される方もあります。これは、阿弥陀仏に救われた、…

6月21日のエントリーと関係しますが、自分の心を見つめても煩悩しかありません。そうなると、ますます阿弥陀仏が働いて下さっているのだろうかと思います。(頂いた質問)

6月21日のエントリーと関係しますが、自分の心を見つめても煩悩しかありません。そうなると、ますます阿弥陀仏が働いて下さっているのだろうかと思います。(頂いた質問) 自分の心の中には確かに煩悩しかありません。だからこそ阿弥陀仏の大慈悲がかかる…

自分は信心決定したのだろうかと思うときもあるのですが、自分の心の中を探ってみても信心らしいものはありません。私は信心決定しているのでしょうか?(頂いた質問)

自分は信心決定したのだろうかと思うときもあるのですが、自分の心の中を探ってみても信心らしいものはありません。私は信心決定しているのでしょうか?(頂いた質問) 質問された方がどうかということは、私がわかることではありません。しかし、信心は「心…

疑いをなくさないと信心は得られないと聞いているので、なんとか疑いを晴らそうと頑張っているのですがなかなか信をえられません。どうしたらいいのでしょうか?(頂いた質問)

疑いをなくさないと信心は得られないと聞いているので、なんとか疑いを晴らそうと頑張っているのですがなかなか信をえられません。どうしたらいいのでしょうか?(頂いた質問) 疑いを無くしてから、信を獲るという考え方は間違いです。 信心とは、本願を聞…