yamamoya

浄土真宗の信心についての問答

御文章

「まだ阿弥陀仏に救われていない私が称える念仏は、全て自力の念仏だと思っています。しかし、念仏は全て他力であると聞いたこともあります。この二つの関係がよく分かりません。」(頂いた質問)

まだ阿弥陀仏に救われていない私が称える念仏は、全て自力の念仏だと思っています。しかし、念仏は全て他力であると聞いたこともあります。この二つの関係がよく分かりません。(頂いた質問) お尋ねでいわれている念仏というのは、称名念仏といいまして、口…

御文章「五重の義」の光明とは?(摂取の意味で、調熟ではありません)

五重の義について書いていましたが、あさ川進さんのブログに関連したエントリーがあったので、こちらでも書きます。 蓮如上人の御文章にある「五重の義」について、光明は「調熟の光明」ではありません。蓮如上人の五重の義にある「光明」は、摂取の光明だか…

「お勤めするときに名号または木像、絵像は必要でしょうか? 今まで時間が無いと言い訳をしお勤めをしなかったのですが最近なぜか無性にしたくなりまして。しかし仏壇を配置する場所もなく困っております。」(退会二年目さんのコメント)

退会二年目 2013/09/05 17:19 どこに質問すれば良いのか分からないのでこのエントリーのコメント欄を借ります。お勤めするときに名号または木像、絵像は必要でしょうか? 今まで時間が無いと言い訳をしお勤めをしなかったのですが最近なぜか無性にしたくなり…

「救いに必要のない『私』を捨てよと阿弥陀仏は言われていますの言い回しは、たとえば『救いに必要のない「私」は捨てものだと阿弥陀仏は言われています』でないと、誤解のもとになるのではないでしょうか。(ループさんのコメント)

前回のエントリー(「信じる」こともできず、また「自力を捨てる」こともできない者が、「『ただ今救うぞ』という阿弥陀仏の仰せを受け入れること」はできるということでしょうか?(ループさんのコメントより) - 安心問答(浄土真宗の信心について))への…

信心決定はとてつもない体験でしょうか?(頂いた質問)

信心決定というのは、やはり何かとてつもない体験であると思ってしまいますが、そうではないとも聞きますがどうでしょうか?(頂いた質問) 信心決定するということは、「とてつもない体験」ではありません。ありがとウサギがグレートありがとウサギになるよ…

助からなかったらどうする?という心はどういう心か(カナダ人さんのコメントより)

カナダ人さんよりコメントを頂きました。有り難うございました。 1「後ろ髪を引かれるような思い」とか 2「私の心を引き留めて進ませない」というのは、どういう心でしょうか? http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20090325/1237971690 という質問に対して、…

「なんとように心をも持ち」と「なんのようもなく」の関係について(元自称福徳会員さんのコメントより)

「なんのようもなく」について元自称福徳会員さんのコメントより (http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080701/1214903570#c1214983237)コメント頂き有り難うございました。 ただは唯一の唯、Onlyの意味しかありません。歎異抄に「ただ念仏」とある場合のそ…

御文章4帖目3通(当時世上)の解釈について2(元自称福徳会員さんのコメントより)

重ねてコメントを頂き有り難うございました。お尋ねの点について、必ずしも御門徒のこと対象に書かれていないところもあるのではないかというご指摘ですが、記述として、「聖道の学者」に向けて書かれたものも確かにあります。そういう点では、ご指摘の通り…

御文章4帖目3通(当時世上)の解釈について(元自称福徳会員さんのコメントより)

元自称福徳会員さんのコメントより 本文が長いので、全文を読みたい方は、リンク先をご覧下さい。御文章の意味についてのご質問について、回答を書かせて頂きます。 この部分の引用は不適切かと思います。私の解釈の誤りをご指摘していただくか、「後生に驚…