yamamoya

浄土真宗の信心についての問答

たのむ

「私は今まで「雑行雑修自力の心をふりすてて」はある程度までは自力の作業だと思っておりました。」(猿松さんのコメントより)

猿松 2018/12/03 14:03 (略) 私は今まで「雑行雑修自力の心をふりすてて」はある程度までは自力の作業だと思っておりました。 つまり「九十五種の邪道を出でて」「聖道門を閣きて」「雑行を抛てて」「助業を傍らにして」と、段階を経て先鋭化していって「…

ネットラジオ版安心問答#016「たすけたまへと弥陀をたのめ」について を更新しました。

anchor.fmこちらからも聞けます。 Androidの方は Google ポッドキャスト - ネットラジオ版安心問答(浄土真宗の信心について) iPhoneの方は Apple Podcat内のyamamoyama「ネットラジオ版安心問答(浄土真宗の信心について)」 spotifyの方は ネットラジオ版…

「自分の心を詮索せず本願に向きなさいと以前からよく聞いておりますが、「本願に向く」ということが漠然としすぎてわかりません。」(アドウチさんのコメント)

アドウチ 2014/08/26 09:58 自分の心を詮索せず本願に向きなさいと以前からよく聞いておりますが、「本願に向く」ということが漠然としすぎてわかりません。本願に向くとはどういうことなのでしょうか? http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20140825/1408958644…

「阿弥陀仏の本願をただいまそのまま聞く、ということがどういうことなのか、皆目わからないのです」(安藤さんのコメントより)

安藤 2014/08/26 01:17 阿弥陀仏の本願をただいまそのまま聞く、ということがどういうことなのか、皆目わからないのです(T_T)弥陀の本願を他の表現、言いまわしで説明することも難しいので、山も山さんは、いつもこのような言い方しかできないのですよね(T_T…

そのままになろうとするのは、そのままではありません(頂いた質問)

阿弥陀仏の救いは、そのままの救いと聞くと、そのまま何もしなくてよいように思ってしまいます。それでは違うようにも思うのですが、どういうことでしょうか?(頂いた質問) 阿弥陀仏の救いはそのままの救いですが、何にもしなくてよいんだと座り込むのは、…

私から弥陀をたのむではありません2

前回のエントリーの追記の形でエントリーをします。 「弥陀をたのめ」ということについて、別の形でエントリーをします。 阿弥陀仏の方から、「弥陀をたのめ」といわれるのだということを前回かきました。私がお願いしてから、阿弥陀仏が助けて下さるのでは…