安心問答(浄土真宗の信心について)

浄土真宗の信心についての問答

ネットラジオ版安心問答#015「易往而無人について」を更新しました。

#015「易往而無人」について by ネットラジオ版安心問答(浄土真宗の信心について) • A podcast on Anchor

こちらからも聞けます。
Androidの方は
Google ポッドキャスト - ネットラジオ版安心問答(浄土真宗の信心について)
iPhoneの方は
Apple Podcat内のyamamoyama「ネットラジオ版安心問答(浄土真宗の信心について)」
spotifyの方は
ネットラジオ版安心問答(浄土真宗の信心について) on Spotify


話に出てきたご文

律宗の用欽のいはく、「法の難を説くなかに、まことにこの法をもつて凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなるをや。大きにこれ易かるべきがゆゑに、おほよそ浅き衆生は多く疑惑を生ぜん。すなはち『大本』(大経・下)に〈易往而無人〉といへり。ゆゑに知んぬ、難信なり」と。 (教行信証信巻 浄土真宗聖典 (註釈版) 第ニ版 P248)

https://bit.ly/2Bdewyl

この一念の安心一つにて浄土に往生することの、あら、やうもいらぬとりやすの安心や。されば安心といふ二字をば、「やすきこころ」とよめるはこのこころなり。さらになにの造作もなく一心一向に如来をたのみまゐらする信心ひとつにて、極楽に往生すべし。あら、こころえやすの安心や。また、あら、往きやすの浄土や。これによりて『大経』(下)には「易往而無人」とこれを説かれたり。この文のこころは、「安心をとりて弥陀を一向にたのめば、浄土へはまゐりやすけれども、信心をとるひとまれなれば、浄土へは往きやすくして人なし」といへるはこの経文のこころなり。
(御文章2帖目第7通 浄土真宗聖典 (註釈版) 第ニ版 P1119)

https://bit.ly/2Kfpw16