安心問答(浄土真宗の信心について)

浄土真宗の信心についての問答

六字のスガタとは?何ですか? 南無阿弥陀仏のスガタとは?何ですか? 六つの字の心とは何ですか?(西玉子さんのコメントより)

エントリーが遅くなり、すみませんでした。

西玉子 2013/04/20 15:53
こんにちは。お尋ねします。六字のスガタとは?何ですか? 南無阿弥陀仏のスガタとは?何ですか? 六つの字の心とは何ですか? 南无阿彌陀佛 南無阿弥陀仏 ナモアミダブツ 合掌。

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20130419/1366311561#c1366440834

南無阿弥陀仏のすがた、六時のすがた、六つの時の心は御文章に出てくる御言葉です。意味は、どれも同じです。


その中の一つを紹介しますと、御文章5帖目5通にこのように書かれています

信心獲得すといふは第十八の願をこころうるなり。この願をこころうるといふは、南無阿弥陀仏のすがたをこころうるなり。 (御文章5帖5通)

ここで、すがたと言われているのは、いわれ、とか、おもむきときいう意味です。
南無阿弥陀仏のいわれをこころうることが、第十八願をこころうることであり、信心獲得するということだといわれています。


では、南無阿弥陀仏のいわれとはなにかといいますと、南無阿弥陀仏とはそもそも何であって、どうして私に働いてくださるのか、どうして私を救ってくださるのかということです。


いわゆる「仏願の生起本末」と意味は同じです。それをこころうるとは、「仏願の生起本末を聞いて疑心あることなし」となったことが信心獲得です。
南無阿弥陀仏は、阿弥陀仏が私を救うために本願を建て、それを成就せられた結果、私に現在よびかけられる阿弥陀仏のお働きそのものです。そのお働きどおり「お前をただ今救う」と聞いて、南無阿弥陀仏にまかせたことを信心獲得といいます。