安心問答(浄土真宗の信心について)

浄土真宗の信心についての問答

「本願の何を聴聞するのでしょうか。」(さるさんのコメントより)

さるさんよりコメントを頂きました。有り難うございました。

さる 2013/02/01 17:39
私は仏教を聴聞させていただいて暫くたちますが、本願が私のうえにはたらいていることがわかりません。教えていただくなかに、聞いていってなにかになろうとするのが間違いないだともお聞きします。ただ、今の私は自分の計いをかためていっているのかと思えてきます。本願の何を聴聞するのでしょうか。

本願の何をきくかとは、本願そのものを聞くことであり南無阿弥陀仏のいわれを聞くことです。

信心獲得すといふは第十八の願をこころうるなり。この願をこころうるといふは、南無阿弥陀仏のすがたをこころうるなり。(御文章5帖目5通)

阿弥陀仏の本願、第十八願をこころうることを信心獲得といわれています。信心獲得とは、本願を聞くことです。本願のなにを聞くかというのは、本願そのものであり、南無阿弥陀仏のいわれです。


本願とは、私をただ今浄土往生の身に救うという阿弥陀仏の願いです。現在私を助けると呼びかけられているのが、南無阿弥陀仏です。そこで、南無阿弥陀仏が私を救う働きであり、阿弥陀仏の喚び声であると疑い無く聞いたことを、本願を聞いたといいます。


「本願が私のうえにはたらいていることがわかりません」とありますが、上記の御文章にあるような内容は聞かれたことがあると思います。その上になにか不明な点があってのことなのでしょうか?