安心問答(浄土真宗の信心について)

浄土真宗の信心についての問答

往生定まる証拠は南無阿弥陀仏の中にあります(頂いた質問)

現在自分は救われていないのだから、未来もやっぱり救われないような気がします。
もし救われたなら、阿弥陀仏の本願はまことだったと思えるのですが。(頂いた質問)

阿弥陀仏の本願は、ただ今救う本願だとは聞いているけれども、現在救われていないとどうしても疑ってしまいます。
何か証拠を見せてくれないと、私は信じられませんということを思ってしまいます。

証拠というのは、「すごい喜びがわき起こる」とか「すごい懴悔の心が起きる」というものを指して考えていると、それは本願とは違います。

証拠という言葉で思い出したのは、御文章4帖目8通です。

かるがゆゑに、阿弥陀仏の、むかし法蔵比丘たりしとき、「衆生仏に成らずはわれも正覚ならじ」と誓ひましますとき、その正覚すでに成じたまひしすがたこそ、いまの南無阿弥陀仏なりとこころうべし。これすなはちわれらが往生の定まりたる証拠なり。(御文章4帖目8通

私の往生が定まっているという証拠は、法蔵菩薩の願いが成就して、阿弥陀仏という仏に成られた、今の南無阿弥陀仏です。南無阿弥陀仏が、過去に出来たと言うことではなく、いまの南無阿弥陀仏です。南無阿弥陀仏が、過去に出来たけど、今は分からないということではありません。今働いている南無阿弥陀仏です。
往生定まる証拠は、救われたと言っても私の心の中にはありません。南無阿弥陀仏の中にあります。
南無阿弥陀仏のお働きに疑いないのが信心です。現在働いているから、現在救われるということがあります。
自分は今救われていないから、救われないだろうと思うのは、本願を抜いて自分の心を眺めた考えです。必ずただ今救われますから、ただ今救われて下さい。