安心問答−浄土真宗の信心について−

浄土真宗の信心についての問答

聞いたそのままについて(頂いた質問)

前回のエントリーの補足です。

阿弥陀様にまかせることは私に出来ることなんでしょうか?私の方が先にまかせたいという思いのせいですか?
同じことを何度も何度もお聞きして申し訳ないのですが、「聞いたそのままが、他力の信心です。」の 聞いたそのまま が知りたいです。(頂いた質問)

私が「まかせる」という行為をするということではありません。
私が「まかせた」結果救われるのであれば、前回のエントリーで書いたように、「→」の関係になります。
阿弥陀仏にまかせるとは、私の行為ではなく、阿弥陀仏の願いを聞いたそのままの状態をいいます。

阿弥陀仏のまかせてくれよの仰せの通りになったことを、阿弥陀仏にまかせた(状態)といいます。
「聞いたそのまま」とは、聞いたことに私の計らいを交えないということです。

「自然」といふは、「自」は、おのづからといふ、行者のはからひにあらず。しからしむといふことばなり。
「然」といふは、しからしむといふことば、行者のはからひにあらず、如来のちかひにてあるがゆゑに。(正像末和讃・自然法爾章

阿弥陀仏の救いは、私の計らいを交えないということを、「自然」という言葉で表されています。行者の計らいではなく、自ずからしからしむということです。私がこうなるだろうとか、あのようになるだろうという計らいを超えたもので、本願力だけで救うというものです。
そのまま救うというお助けは、行者のはからいではないということです。私の計らいを付け加えないといけないものではありません。何かを足そうとするものは、捨てものであり、不要なものです。
聞いたそのままとか、聞いたことは、如来の誓いであり、本願ですから私のはからいはそこに入らないと言うことです。