安心問答−浄土真宗の信心について−

浄土真宗の信心についての問答

行者からは不回向が阿弥陀仏の本願(Kさんのコメント)

「もっと○○したら」ではないということは分かります。そういうことが思われてきたときは、
「でもそれも自力だからやめておこう」というように思います。更に「だからやめておこう」というのもまた
それによって助かろうとする心で「それもダメなのか」と気落ちしてしまいます。
おすぎさんも書かれていますように、「ただ今救われます」と言われますがなかなか救われません。
「こうしなければならないという思いは、他力回向を疑う心から起きます。」とは、
こうしなければならないという思いをなくしなさいということでもなければ
他力回向を疑うのをやめよということでもないのですよね?(Kさんのコメント)

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20091126/1259188978#c1259248986

回答します。
「やめておこう」も「こうしなければ」も「○○と思うのをやめよう」というのも、阿弥陀仏の本願力回向と一歩距離を置いた上で、その距離を自分の行為で縮めようという心から来ます。
阿弥陀仏は現在ただ今私を救おうと働いておられるので、遠くにある、また距離があると思うのは幻想です。阿弥陀仏から回向されるものですから、私の方から見れば不廻向なのです。「疑うのをやめよ」も「疑わないように思おう」では、「疑わないこと」を私からさしむけるので、不廻向ではありません。

かるがゆゑに、凡夫の方よりなさぬ回向なるがゆゑに、これをもつて如来の回向をば行者のかたよりは不回向とは申すなり。このいはれあるがゆゑに、「南無」の二字は帰命のこころなり、また発願回向のこころなり。

このいはれなるがゆゑに、南無と帰命する衆生をかならず摂取して捨てたまはざるがゆゑに、南無阿弥陀仏とは申すなり。(御文章3帖目8通・不廻向

私の方からしない回向であるから、阿弥陀如来の回向を、私からは不廻向というのだ。このことから「南無」の二字は、帰命であり、発願廻向のこころなのだ。
発願廻向だから、行者に先回りして阿弥陀仏の本願力回向によって救い、摂取して捨てられないから南無阿弥陀仏というのだと言われています。

雑行を捨てよ、自力を捨てよと御文章に幾たびもあるのは、行者からの回向は不要であるといわれているのです。
思うとか思わないとかいうのも、「自分が思う・思わない」が出発点になるので、なぜ救われるかという出発点が違います。私が出発点ではなく、阿弥陀仏が出発点で回向される法ですから、他力回向の南無阿弥陀仏なのです。