安心問答−浄土真宗の信心について−

浄土真宗の信心についての問答

自力

阿弥陀仏に救われるとは、正解がわかることではありません(Kさん、Tさん、Rudelさんのコメント)

前回のエントリーに複数コメントを頂き有り難うございました。コメントに対してまとめてエントリーします。 確かに自力の心があるから救われないのですが、自力が何かを実感として分かられた上で「自分はどうすればいいのだろうか」という質問なのか、それと…

自分はどうすればいいのかも自力(Kさんのコメント)

Kさんよりコメントを頂きました。有り難うございました。 阿弥陀仏のお力に限りがないというのは、自力の心を捨てさせる(無明の闇を破る)力があるということだと思います。 救われないのは自力の心があるからでありそれは阿弥陀仏が破ってくださるものであ…

どう思えば・・?と思った心が自力です。思えないのは自力ではありません(花さんのコメント)

花さんよりコメントを頂きました。ありがとうございました。 どうすればたすかるか?答えは自力を捨てればたすかるということはわかりました。自力とは、今阿弥陀仏は助けて下さると手を下げておられると聞いても、今ですか?ただで助けて下さるのですか?そ…

本願を遠ざける心ととは(maryさんのコメント)

maryさんよりコメントを頂きました。有り難うございました。 5日の内容で、『「まず三業を善くして」と思う心は、阿弥陀仏の救いを遠ざける心』と書かれています。 「まず三業をよくして」と思う心は、わが身の無常を忘れているのん気な心だとは思うのです…

助かる自分という心が無くなったらどうなる?(カナダ人さんのコメント)

カナダ人さんよりコメントを頂き有り難うございました。 なるほど私は邪見驕慢(煩悩)の親玉で、三世の諸仏の悲願に洩れて捨て果てられ、本願にも除かれている機である、と懇ろに聞かされても、今となっては「今さらそれがどないしたん」「そんなことどうでも…

阿弥陀仏の仕事と私の仕事、区別をつける心を自力といいます(最後の学徒さんのコメント)

最後の学徒さんからコメントを頂きました。有り難うございました。 (略) この回り続ける心一つ、過去も、今も、これからも流転を重ねる姿と思わずにおれず、 呆れながらも、放ってはおれない気持ちです。 逃げてはならないとはいえ、逃げたくなり、逃げた…

逆謗と自力の関係について(最後の学徒さんのコメント)

前回のエントリーについて、最後の学徒さんより質問を頂きました。 【十劫の昔から、それを見抜いて本願を建てておられるのです。しかし、それは棄てものです。】十劫の昔から、見抜かれているのは、本願を計らう私だということでしょうか。 弥陀は、私を唯…

捨てられると思う心も自力です(フーテンの虎さんのコメントより)

フーテンの虎さんよりコメントを頂きました。有り難うございました。 悲しい気持ちさんのコメントに対しては、別のエントリーに書きます。(親鸞学徒は親鸞聖人のお言葉に従います(悲しい気持ちさんのコメントより) - 安心問答(浄土真宗の信心について)…

「自力一杯求める」という意味(orimaさんの質問)

orimaさんよりメールをいただきました、有り難うございました。 (中略) 「(顕正などを)やっていけば、(やがて)何か知らされることがあるのです(何が知らされるのかは言われませんでした)」「自力一杯求めていかなかったら、自力間に合わなんだと知ら…

それは自力ではありません(迷う旅人さんのコメントより)

迷う旅人さんよりコメントを頂きました。 全文はこちら(http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20081111/1226397978#c1226571983)長文のコメントでしたので、結論だけ先に書きますと、迷う旅人さんが、どうにかしようとしているものは、自力の心ではありません。…

自力の心と「こころ」の違い(kaiinさんのコメントより)

kaiinさんよりコメントを頂きました。 全文はこちら(http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20081111/1226397978#c1226494562)お尋ねの件について、回答いたします。 雑行雑修自力のこころを捨てよとはどういう行為(意業での)なのでしょうか。 手に持っている…

方便を捨てよとは、「自力の心」を捨てよ(元自称福徳会員さんのコメントより)

元自称福徳会員さんへコメントを頂き有り難うございました。 (全文はこちら http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080721/1216643406#c1216777098) さて、質問です。親鸞聖人は何度も「19願、20願は、方便の願である」ということを教えられ、「これらを捨…

「関係ないからやらない」というのが「関係づける心」(元自称福徳会員さんのコメント)

元自称福徳会員さんへコメント頂き有り難うございました。 (全文はこちら http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080720/1216560065#c) 親鸞聖人は19願・20願は方便の願であるとダイレクトに教えられたのは以下の通りです。顕浄土方便化身土文類六 本 (以…

「なんのようもなく」は「ただ(only)」「だけ」(元自称福徳会員さんのコメントより)

元自称福徳会員さんのコメントより全文は (http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080704/1215183799 のコメント) 一方、「ただ」をOnlyの意味でとって、おかしくなるところはひとつもありません。これは味わいになるのでなんともいえませんが、Onlyの意味を込…

「なんとように心をも持ち」と「なんのようもなく」の関係について(元自称福徳会員さんのコメントより)

「なんのようもなく」について元自称福徳会員さんのコメントより (http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080701/1214903570#c1214983237)コメント頂き有り難うございました。 ただは唯一の唯、Onlyの意味しかありません。歎異抄に「ただ念仏」とある場合のそ…

「捨てよ」と「捨てようと思う心があれば捨てなさい」について(元自称福徳会員さんのコメントより)

元自称福徳会員さんへ コメント頂き有り難うございました。 (全文はこちらhttp://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080625/1214398490#c1214614139) 「たとえは一分を表す」ということだそうなので、何を喩えたいかということを察していただきたいと思います。 …

方便について6(元自称福徳会員さんのコメントより)

元自称福徳会員さんへコメント頂き有り難うございました。 コメント全文はこちら(http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080624/1214304760#c1214357915)言葉遣いについては、不快に思われるところがあり、先にお詫び申し上げます。 「この地獄のカリキュラム…

ななしさんより頂いたいくつかのお尋ねにお答えします

ななしさんより、いくつかお尋ね頂いておりますので、お答えいたします。 (全文はこちら) (http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20080613/1213353490#c1213586077) 山も山さんは、信心決定されておられますか? 信心決定しています。それをななしさんがどの…

どういう時に自力は廃るか(ななしななしさんのコメントにお答えします)

ななしさんから頂いたコメントに、ついてお答え致します。 「自力が廃ったかどうか」 自力が廃るとは、どういう時に廃るのですか? それは、万人にも分ることですか? 山も山さんだけの事ですか? そこのところ、もう少し教えて下さい。 (19願の行者につ…